Windows XPのMicrosoft IMEが勝手に無変換で確定する件の備忘録

職場のパソコンで、ある日から日本語入力をしていると、文の途中で勝手に無変換で確定してしまう現象が起きた。

雰囲気としては、文章入力中に思考して入力が数秒止まった時に、それまでの入力をかってに無変換で確定している様子だったので、まぁ〜、思考するときは変換して確定してからすればいいか。と、あまり気に留めていなかった。

ところが、段々症状がひどくなってきて、入力を続けているときでも、途中で無変換で確定され、残る文字が未確定状態になることが頻繁に起こるようになった。

ネットで検索してみたが、この手の質問に対する回答は、「長文を入力すると自動変換機能が効いて勝手に変換されます。短文で変換、確定をするようにしましょう。」というものばかりで、確かに挙動は自動変換機能が効いているようでもあるが、そんなんじゃない。

例えば

お世話になっております

と入力しようとして

おせわになっております

(「おせわ」まで無変換で確定し、後半の取り消し線部分が未確定の状態)

という状況になる始末。

「おせわ」って長文?ということで、しつこくサイトを巡り歩いていたら、とあるサイトに、「PC本体側のコンセントが緩んでいたので挿し直したら、日本語入力の挙動不審が治った。」というような記述が。

いやぁ〜、PC本体側のコンセントが緩んでいるようでもないし、そんなんでIMEの挙動は変わらないでしょ・・・と思いつつも、物は試しと一旦抜いて挿し直しました。

・・・結果、挙動不審は治って、普通に入力することが出来るようになりました。

私には、見当が付かない解決方法なので、備忘録として書き残します。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-10-15 (木) 23:11:40 (3260d)