PC Maticを使ってみました

ワンクリック詐欺対策にも効果アリ

【2011年2月6日追記】

先日、友人から電話があり、「エロサイトを見ていたら、変なものをインストールされたようで、ワンクリック詐欺の画面が消えなくなった。」とのこと。

以前「パソコンの調子が悪い」という話しの時に、PC Maticの購入を勧めていたので、「PC Maticを使ってみた?」と聞いたら、「インストールしているよ」との返事。

なるほど。

「PC Maticはアンチウイルスソフトではないから、インストールしているだけでは機能しないよ。PC Maticを起動して、【スキャン】してから、【チューンナップする】しないと。」と説明。

結果、無事にマルウェア(ワンクリック詐欺の画面)を削除できたようです。

【2010年8月30日追記】

私の知り合いしか訪れないだろうと思われる本サイトを見て、PC Maticの発売元のブルースター株式会社の方から、私の疑問に対する回答のメールをいただきました。

メールの内容を詳しく書くと同社の宣伝みたいになって、以下の記述が嘘臭くなるので書きませんが、一個人の意見に真摯に対応していただける姿勢は、とても有難いと感じました。

ことにユーティリティソフトは、不具合があったとき等のサポートが気になるので、サポートに問い合わせた訳でもなくサポートしていただけたのは、大変心強く感じました。

【2010年8月15日記載】

古いパソコンを大切に使っているので、レジストリ・クリーナー等、環境改善ツールは常々気になっておりました。

とはいえ、かなり前(10年ぐらい前)に同様のソフトを使ったところ、PCが起動しなくなりクリーンインストールし直すハメになったことがトラウマで、手を出せずにおりました。

そんな折、以下の記事を拝見し、PC Maticという製品を知りました。

西川和久の不定期コラム

Windows環境のボトルネックを無料でアドバイスしてくれるPC Matic

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/nishikawa/20100521_367777.html

良さそうなので、すぐにでも試したかったのですが、支払いが「ドル建て」なのと、日本展開したばかりの様子で、他の一般の人の評価を情報収集してから購入しよう。と思い断念しました。

最近、またチラホラ記事を見かけたので情報収集したところ、私の検索が下手なのか、ノートPCモニターキャンペンをやっているからなのか、いい評判しか見つけられませんでした。

また、妻や父から「パソコンの調子が悪い」という相談を受けていたため、思い切って購入いたしました。

で、結論としては、手元の3台のPCにインストールしてみましたが、「多少快適になった」という気がします。

ただし、悪い評判を聞かないので、あえて以下の苦言を呈したいと思います。

  • (少なくとも私の)XPの環境では、インストール直後のベンチマークがちゃんと機能せず、「わざと」低い値になっているように思われる。
  • 「チューンナップする」際、デフラグも実行すると古いPCでは1時間程度かかる。ただし、「チューンナップ」全体に1時間程度かかりそうになると途中で切り上げる。
  • 上記に関連し、全ての問題の改善には複数回「チューンナップする」必要があり、結局2時間程度の時間がかかる。
  • ハードウェアをいじっているPCでは、余計な「ドライバの更新」が実行され、正常動作しなくなり、結局手動で修正することになり、半日つぶす場合がある。

ということで私なりの感想は、「自作ではなくメーカー製」で「Windows 7に対応している」「後からハードウェアを拡張していない」PCでは、問題なくPC Maticは使えると思いました。

以下、画面写真がでかいですが、上記のことに個々解説を加えます。

ThinkPad R50eについて。(簡単な仕様はMyPCに記載)

最初に「スキャン」した結果。「ベンチマーク」(WORLD RANK)の結果が「下 13%」とかなり低い(古いPCなのでしょうがない部分はありますが)。
これが、「わざと」低い値にしていると思われる点については、VALOREの画面で詳しく説明します。

R50e-1.png

上記「スキャン」後、「チューンナップ」した結果の画面。

R50e-2.png

上記画面に書かれている通り、再起動後、「スキャン」した「ベンチマーク」の結果、「下 27%」と順位が上がった。

R50e-3.png

それでも、まだ修正すべき項目(赤く表示されている項目)が残っている。

R50e-4.png

そこで、再度「チューンナップ」を実行したところ、さらに問題が改善された。

R50e-5.png

結果、「ベンチマーク」の結果も「下 30%」と大幅に改善。

R50e-6.png

VALORE ION 330について。(簡単な仕様はMyPCに記載)

インストール直後の「スキャン」による「ベンチーマーク」結果は「下 11%」。

明らかに性能が低いと思われる上記ThinkPad R50eよりも低い。

VALORE-1.png

不審に思い、ベンチマークの結果を表示してみたところ、CPU、ビデオ、ディスクのベンチマークがキャンセルされ、一部の項目だけでの結果と判明。
(それじゃぁ〜、低い値しか出ないことは当たり前)
上記、ThinkPad R50eでも同様で、環境が全く違うWindows XP機2台で同様の現象(初回のベンチマークが一部しか実行されない)が起こる。

VALORE-2.png

また、「セキュリティ」欄の「低セキュリティの脅威」が赤くなるのは、かなり気になるので詳細を表示したところ。
解説に書いている通り「トラッキングクッキー」は、確かに気にはなりますが、下の画面をよく見ていただくと分かる通り、「楽天」にアクセスしても「赤判定」されるので、あんまり気にしない方がいいと結論。

VALORE-3.png

ちなみに先ほどの「ベンチマーク」について、「オプション」で「ベンチマークの実行」をチェックしていないから一部キャンセルされるのでは?と思われる方もいると思い、チェックしている証拠の画面。
(大体、「ベンチマークの実行」にチェックが付いていないと、一部だけのベンチマークも実行せずに「下 xx%」というような結果が表示されない。)

VALORE-4.png

「チューンナップ」実行中の画面。
ちなみに、VALORE ION 330より性能が低いThinkPad R50eでは、「Defragmenting,phase 1」だけで40分ぐらいかかり、「Defragmenting,phase 2」がキャンセルされた。
「チューンナップ」に時間がかかり過ぎるとユーザーの満足度が低くなるので、時間を計って「1時間未満に収まる」ように処理を間引いているのでは?と感じられた。

VALORE-5.png

「チューンナップ」完了の画面。

VALORE-6.png

結果、「ベンチマーク」の結果が「下 46%」と大幅にアップ。
ただし、さっきは一部の項目しか実行していないと分かっているので、あまりうれしくない。

VALORE-7.png

「オールグリーン」かと思いきや、「アドバイス」が黄色なので、チェックしてみたところ・・・
純正のAdobe Readerは使わないように。とのこと。
「純正は重い」ということなんでしょうけど、PC Maticにお金を払うようなライトユーザーに、サードパーティのPDFリーダーを薦めるのはいかがなものかと・・・

VALORE-8.png

先に処理が終わったVAROLE ION 330から、ThinkPad R50eの「スキャン」結果が確認できます。

VALORE-9.png

あぁ〜、なるほど。PC Maticの謳い文句である「離れた家族や友人へ」というのは、こういうことかぁ〜。
確かに実家の父のPCにインストールして、「スキャン」結果を家で確認できれば、便利だなぁ〜。
これぞ「クラウド」コンピューティングかぁ〜・・・

VALORE-10.png

ThinkPad R61eについて。(簡単な仕様はMyPCに記載)

で、今回、一番はまったThinkPad R61eの画面を1枚だけ。
簡単な仕様は、MyPCに書いてありますが、内蔵無線LANボードを後から追加して、OSをプリインストールのVistaから7にアップグレードした。という絶妙なバランスで動作していたマシン。
さらに、内蔵無線LANはBIOSレベルで純正かどうかチェックされていて、純正以外は使えないというLenovoの仕様。

こんな状況のThinkPad R61eが、下の画面の一番上に赤丸が付いている、無線LANドライバをPC Maticに自動更新されたことによって・・・

  • Internet Explorerを起動するとブルースクリーン(ハングアップ)してしまう。
  • 元々のThinkPadのドライバと、PC Maticで追加されたAtherosのドライバが重複していたため、ThinkPadのドライバを削除したところ、無線LANが使えなくなる。
  • 元々は無線LANが内蔵されていないPCなので、Lenovoサイトから純正のドライバを入手できず。
  • Lenovo謹製の便利なユーティリティ「Access Connections」が機能していると、Atherosのドライバでは、うまく動作しないと判断。
  • さらに「Access Connections」では勝手にやってくれていた、「有線LAN」を無効にしないとDNSサーバをうまく認識できないと判断。

これら処置を半日つぶして行って、何とか無線LANでインターネットに接続できるまでに戻せました。
「Access Connections」は二度と使えない状態になったようですが・・・

R61e.png

OSをVistaから7にしていることは、あんまり関係ないかもしれませんが、少なくとも、ハードをいじっているPCで、PC Maticを使うことは、半日つぶす覚悟を持った方がいいかもしれません。
(時間をかけずに、PCのメンテナンスを簡略化したかったので、PC Maticを購入したのですが・・・)

各PCのベンチマークの結果。(古いPC順)

ThinkPad R50eのベンチマークの結果。

R50e-bench.png

ThinkPad R40eのベンチマークの結果。(やっぱり、インストール後、最初のベンチマークは、全ての項目がチェックされず、低い値です。)

R40e.png

ThinkPad R61eのベンチマークの結果。

R61e-bench.png

VALORE ION 330のベンチマークの結果。

VALORE-bench.png

最後に一言。

古いPC順に「ベンチマーク」結果を並べており、確かに「下 xx%」という結果は下に行くほど良くなっております。

とはいえ、インターネットの値は「何故か」ThinkPad R50eが一番速いという結果であり、あぁ〜ThinkPad R50eに不満を感じず、使い続けていた理由はこれかぁ〜。と思いました。

CPUは、Celeron M プロセッサ 1.30GHzなんて、相当遅そうな印象ですが、バランスがいいのでしょうか・・・うれしいことです。


添付ファイル: fileVALORE-6.png 33件 [詳細] fileR50e-bench.png 37件 [詳細] fileVALORE-10.png 33件 [詳細] fileVALORE-9.png 31件 [詳細] fileVALORE-2.png 28件 [詳細] fileR61e.png 30件 [詳細] fileVALORE-3.png 33件 [詳細] fileVALORE-1.png 37件 [詳細] fileR50e-3.png 39件 [詳細] fileR40e.png 37件 [詳細] fileVALORE-bench.png 30件 [詳細] fileVALORE-5.png 33件 [詳細] fileVALORE-4.png 30件 [詳細] fileR50e-5.png 39件 [詳細] fileR50e-6.png 32件 [詳細] fileVALORE-7.png 40件 [詳細] fileR61e-bench.png 55件 [詳細] fileR50e-2.png 31件 [詳細] fileR50e-4.png 38件 [詳細] fileVALORE-8.png 26件 [詳細] fileR50e-1.png 33件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-02-06 (日) 01:16:19 (2812d)