純正インクで年賀状100枚がパーに

これまでエプソンのプリンタをこよなく愛し、LP-2000、LP-700W、MJ-5000、PM-3000C、と経て、2005年末にPM-A950を購入いたしました。

今年の年賀状を印刷していたところ、ライトマゼンタが切れ、買い置きしていた純正インクの封を切り、交換いたしました。

昔は、インク交換の時は印刷をキャンセルして、印刷し直しだったけど、インクを交換すれば継続して印刷してくれるから楽だなぁ〜などと感慨にふけっていたところ・・・

ライトマゼンタの色が出ず、100枚の年賀状の文面が、青いフィルターをかけたような写真になってしまいました。

印刷したものをスキャナで取り込んだもの↓

nenga1.jpg

途中で気付いて対処すればよかったのですが、とにかく文面の印刷を終わらせたかったので、何も考えずにハガキの追加をしてしまい、全て印刷し終えてビックリしました。

最初は何が何だか分からずに、ノズルチェックをしてみたところ、ライトマゼンタがほとんど出ておりませんでした。

クリーニング→ノズルチェック→クリーニング→ノズルチェック→クリーニング→ノズルチェックとしたところ色が出てきたので、改めて年賀状の文面を印刷したところ想定どおりの印刷結果だったのですが後の祭り。

対処後、印刷したものをスキャナで取り込んだもの↓

nenga2.jpg

今年の年賀状は、10年前のプリンタで印刷したような汚いものになりました。

エプソンはリサイクルインクの訴訟に負けたようですが、まぁ〜、こんな品質の低い純正インクを売ってるようじゃ〜、しょうがないか。などと思いました。
(純正インクの質が低いことと訴訟は全く関係ありませんが愚痴ということで。)


添付ファイル: filenenga1.jpg 110件 [詳細] filenenga2.jpg 125件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-01-05 (土) 01:32:04 (3794d)