[[PX-W3PE]]を特別なドライバで使う場合に、便利になるユーティリティ。
[[PX-W3PE]]を特別なドライバで使う場合に、署名がされていないので、OS起動時にF8を押し、「ドライバー署名を強制的に無効」にする必要があります。

ただし、ブート領域を書き換えるので、最悪OSが起動しなくなる等の危険が伴う。
ただし再起動の度に、その操作をするのは面倒なので、ブート領域を書き換えるユーティリティを使うことで、「F8を押しながら起動」⇒「ドライバー署名を強制的に無効を選択して起動」を自動的にやってくれるユーティリティがあります。

ただし、ブート領域を書き換えるので、最悪OSが起動しなくなる等の危険が伴います。

以下URLでダウンロードが可能

http://www.citadelindustries.net/ReadyDriverPlus/

また、ブート領域を元に戻すためには、アンインストールしても駄目なので、元の設定をバックアップしておく必要があるようです。

そのように特殊なユーティリティなので、使おうと思う方は、より詳しく説明が書かれた、他の方のサイトを参考にされた方がいいと思います。

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS